FinTech

インサイト

海外

ブラジルの金融市場を変革するFinTechサービス

Share Button

日本ではブラジル市場は身近な存在ではありません。しかしながら、ブラジル市場は非常にポテンシャルがあり、魅力的な市場であると考えています。今日はブラジルのFinTech分野を中心に、少しだけブラジルの市場についてご紹介しようと思います。

Millenius/Bigstock.com

ブラジル市場の概要

ブラジルの全体についてご紹介しましょう。GDPでは今から10年前の1.70兆ドルから2017年には2.06兆ドルほどに成長しています。これは世界の中で8番目にあたります。また、2.07億人ほどの人口で日本の1.6倍ほどの規模を有しており、平均年齢も31歳と若いです。

次に、FinTech市場に目を当ててみましょう。

近年のブラジルでは、FinTech市場への投資が非常に活発です。ブラジルのFinTech関連情報を発信している「CONEXAO FINTECH」によるとブラジルのFinTech関連事業への投資金額457Millionsレアル(約112Millionsドル)ほどの規模。日本の105 Millionドルを上回っています。

現在のブラジルのFinTech市場への投資熱に応えるように、FinTech関連企業の数も増加しています。

ブラジルのFinTech関連情報を配信している「FintechLab」の調査によれば、企業数は2017年末の369から、453にまで増えたと発表しています。一年で約23%の増加があったことになります。

ブラジルFintech業界

それでは、ブラジルのFinTech業界についてご紹介しましょう。下図は「FintechLab」が作成したブラジルのフィンテック関連企業の分布図です。

ブラジルFintech業界(出所:Fintechlab

ブラジルのFinTech関連企業のマッピングを参考にすると下記の分野と割合になります。

    1. Payments(決済):26%
    2. Financial management(財務管理):17%
    3. Credit & Loans(ローン):17%
    4. Insurance(保険):9%
    5. Cryptocurrency & DTC(仮想通貨):7%
    6. Investment(投資):6%
    7. Funding(資金調達):5%
    8. Debt Collection(債務回収):5%
    9. Exchange(外貨為替):3%
    10. Multi Service(マルチサービス):2%
    11. Digital Bank(インターネット銀行):2%

ブラジルでも決済を中心にしたサービスが流行っていますが、ブラジルの特徴としては決済をより簡単にするだけではなく、今までの金融サービスを受けられずにいた貧困層を取り込むこと、高い金利を下げること、伝統的な金融機関のサービスに対する不満を解消するなど、社会的な課題を解決するための有効な手段とも位置付けられているようです。

今後は、ブラジルにはどのようなFinTechサービスがあるのかご紹介しようと思いますので、楽しみにしていてください!

(インフキュリオン コンサルティング部 新里智保ロドリゲス )

Share Button

この記事の著者が所属する企業

決済・金融領域を中心として、自ら独創的なソリューションの開発・運営を行うことにより、多くの企業や一般消費者が革新的なサービスを享受することを目指している企業です。
詳しくはこちらからご覧ください。

決済ビジネスに関するご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい

事業戦略からカード商品設計、システム戦略、業務構築に至るまで、決済ビジネスに関するコンサルティングサービスをご提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。