インサイト

カード決済

キャッシュレス社会

米国Amazonが預金口座サービス?

Share Button

2018年3月、米国Amazonが、預金口座(checking account)的なサービスを提供するとのニュースが注目を集めました。その背景について考察します。

3DDock/Bigstock.com

 

Amazonによる口座サービス?

「Amazon預金口座」については、Amazon自体は「噂にすぎない」としてコメントしていません。しかし、巨大なユーザ基盤を持つプレイヤーが金融サービスに乗り出そうというのは不思議ではありません。出版業界をはじめ様々な領域で変革をもたらしてきた同社だけに、なおさら金融進出が現実味を帯びて感じられます。報道では、大手銀行と提携したサービスになるとのことですが、実際にどのように進んでいくか、気になるところです。

このニュースで考えさせられるのは、ECにおける決済のあり方です。やはりカード決済が主流であって、カード保有者には大変便利なのですが、カード非保有者やカードを使いたくない人にはEC利用のハードルになってしまいます。

米国はカード利用によるキャッシュレス化で日本よりも先進しているだけに、カード保有も広く行き渡っているイメージがありますが、それでも全ての人がカードを保有しているわけではなりません。銀行口座を持たないアンバンクト層も存在している、多様な市場なのです。

今回の「Amazon預金口座」は、そのようなカード非保有層・口座非保有層をAmazonユーザとして取り込んでいこうというAmazonの姿勢を示すものとも考えられます。逆に、カード保有者をあらかた獲得したので、それ以外の層も取り込んでいかなければ、今後の成長維持が難しいということなのかもしれません。

参考情報:

(インフキュリオン シンクタンク事業部 森岡剛)

Share Button

この記事の著者が所属する企業

決済・金融領域を中心として、自ら独創的なソリューションの開発・運営を行うことにより、多くの企業や一般消費者が革新的なサービスを享受することを目指している企業です。
詳しくはこちらからご覧ください。

決済ビジネスに関するご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい

事業戦略からカード商品設計、システム戦略、業務構築に至るまで、決済ビジネスに関するコンサルティングサービスをご提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。