インサイト

トークナイゼーション

モバイル決済

欧州のトークナイゼーション型モバイルウォレット:Vodafone Wallet

Share Button
Goodluz/Bigstock.com

Goodluz/Bigstock.com

 

Apple Pay、Samsung Pay、Android PayなどグローバルITプレイヤーによるモバイル決済サービスが注目を集めています。それらに共通するのは、国際ブランドが設立した団体であるEMVCoの仕様に基づいたトークナイゼーションを活用していること。これは正規のカード番号ではなく、カード番号と同桁の別の番号である「トークン」を生成してアプリに登録し、それを使って決済してしまう、というもの。トークンを正規のカード番号に変換できるのはカードイシュアとトークンサービスプロバイダーのみなので、モバイル端末や店からのカード番号漏洩リスクがゼロになる、という画期的なサービスです。

トークナイゼーション概要(トークナイゼーションの概要)

上で挙げたモバイル決済サービスはVisa・Mastercard・American Expressなど国際ブランドが提供するトークナイゼーションを活用していますが、欧州では国際ブランド以外が提供するトークナイゼーションを用いたウォレットが展開中です。本稿はその概要を紹介します。

本稿で紹介するのはVodafone Wallet。Nilson ReportによるとVodafoneは世界第二位のモバイルキャリアで、同社の契約者の27%を欧州12か国が占めています。そのうち6カ国でVodafoneはモバイル決済サービスを展開しています。

例えば英国でのVodafone Wallet。Google Playから下記URLで提供中です。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.vodafone.mwallet&hl=ja

紹介動画も閲覧可能です。動画では触れていませんが、Visaブランドのクレジットカード/デビットカード/プリペイドカードをアプリに登録し、非接触決済することができます。

Vodafone Walletもトークナイゼーションを活用しているため、カード番号は端末には格納されておらず、トークンを用いた決済となっています。ここでポイントとなるのは、トークンサービスを提供しているプロバイダー(TSP;トークンサービスプロバイダー)です。Apple Payなどと異なり、国際ブランドによるトークナイゼーションではなく、カナダのCarta Worldwide社のトークンサービスを活用しています。カード登録時にはVodafoneからCartaにリクエストが送信され、それを受けてCartaが生成したトークンはモバイル通信網を経由して端末のSIMに格納される、という流れです。トークンはSIM内のセキュアな領域(セキュアエレメント)に格納されるため、それに対応したSIMカードをモバイル端末に搭載していることが前提条件となります。なお、このSIMはGemalto(ジェムアルト)社のもの。英国での利用上限額は30ポンドに設定されています。

英国での開始されたことが大きなニュースとなったApple Payと異なり、日本では「知る人ぞ知る」サービスであるVodafone Wallet。しかし国際ブランド以外のTSPを用いており、かつApple Pay未開始の地域でも展開しているこのサービス。独自決済ネットワークを持ち、国際ブランドネットワークを経由しないオンアス取引が広く普及している日本において、多くのカード決済関係者の参考となるものと思います。

関連情報

関連インサイト

(インフキュリオン シンクタンク部門 森岡剛)

Share Button

この記事の著者が所属する企業

決済・金融領域を中心として、自ら独創的なソリューションの開発・運営を行うことにより、多くの企業や一般消費者が革新的なサービスを享受することを目指している企業です。
詳しくはこちらからご覧ください。

決済ビジネスに関するご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい

事業戦略からカード商品設計、システム戦略、業務構築に至るまで、決済ビジネスに関するコンサルティングサービスをご提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。