インサイト

キャッシュレス社会

モバイル決済

米国最大のモバイル決済サービス

Share Button
igor stevanovic/Bigstock.com

igor stevanovic/Bigstock.com

 

アップルの「Apple Pay」、サムスンの「Samsung Pay」、グーグルの「Android Pay」など、スマートフォンで決済できるモバイル決済サービスが米国で盛り上がりを見せています。

特に「Apple Pay」には日本の決済業界関係者も多大な関心を寄せているところですが、実は現時点での米国最大のモバイル決済サービスは、スターバックスの「Starbucks Mobile Wallet」です。

米国スターバックスがモバイルウォレットアプリの提供を開始したのは2010年。アプリが生成するバーコードを店頭端末にかざすことで決済ができます。2015年4月末時点の報道によるとアクティブユーザー数1,600万人を誇り、1週間の決済トランザクション数は800万件。これは米国全体のモバイル決済トランザクション件数の19%に達しています。

スターバックスモバイルウォレットの成功要因として挙げられるのが、ロイヤリティープログラムとの連動。ウォレットで決済することで得られる「スター」を貯めて、各種クーポンに交換するなどのお得感が支持を集めています。

カード決済インフラを用いるモバイル決済サービスである「Apple Pay」とは異なる方式のこのサービスですが、米国におけるモバイル決済の普及にも貢献しています。「Apple Pay」の普及度に関するPhoenix社の調査によると、「Apple Pay」のユーザーの41%が「スターバックスモバイルウォレットも利用している」と回答しました。NFCやバーコード読み取りなど多様な方式が存在するモバイル決済ですが、その方式に関わらず、モバイル決済の利便性を体験したユーザーは他方式のモバイル決済も積極的に利用する傾向があると言えるでしょう。

参考情報

 

関連インサイト

(インフキュリオン シンクタンク部門 森岡剛)

Share Button

この記事の著者が所属する企業

決済・金融領域を中心として、自ら独創的なソリューションの開発・運営を行うことにより、多くの企業や一般消費者が革新的なサービスを享受することを目指している企業です。
詳しくはこちらからご覧ください。

決済ビジネスに関するご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい

事業戦略からカード商品設計、システム戦略、業務構築に至るまで、決済ビジネスに関するコンサルティングサービスをご提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。