インサイト

カード決済

キャッシュレス社会

「電子決済総覧2015-2016」に見るクレジットカードと電子決済の現状と今後

Share Button
05012053_55436931877d7

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、などを含む「電子決済」を俯瞰する情報源として、業界の内外で有名な「電子決済総覧」。その最新版である「電子決済総覧2015-2016」が来月発行されます。(http://www.cardwave.jp/products/detail.php?product_id=57

この「インフキュリオンブログ」を運営しているインフキュリオンのシンクタンク部門も、電子決済総覧の執筆者の一翼を担っています。

「電子決済総覧2015-2016」の構成は以下です。

  1. 国内における電子決済市場の総括(市場予測:2015年~2020年)
  2. 国内におけるクレジット決済ビジネスの動向
  3. 国内におけるデビット決済ビジネスの動向
  4. 国内におけるプリペイド(電子マネー)決済ビジネスの動向
  5. 国内におけるEC・モバイルペイメントの動向
  6. 海外における電子決済サービスの普及動向

国内の電子決済の大部分を占めるのはクレジット決済。「電子決済総覧2015-2016」では以下のようなトピックをカバーしており、国内クレジット決済業界の動向を俯瞰しています。

  • クレジットカード決済市場の動向
  • 利用拡大が続く中、消費者による選別は強まる
  • 消費者のクレジットカード利用動向
  • 広がりを見せるスマートフォン決済
  • 異業種からのクレジットカード関連事業参入
  • クレジットカード会社の注力分野
  • 2020年に向けたクレジットカード決済市場の動き
  • 政府・業界の連携によるキャッシュレス化の普及推進の態勢
  • 自民党のデジタルウォレット/スーパーウォレット構想
  • クレジットカード決済の行方
  • Apple Pay: NFC普及の起爆剤となるか

ECやFintechの興隆、ブランドデビットとブランドプリペイド発行拡大の流れ、少子高齢化の日本における経済活動の効率化と「買い物難民」支援。今や電子決済は、「商取引における決済手段の一つ」から、日本を取り巻く経済・社会の課題解決の糸口としても注目が集まっています。

インフキュリオンはブログでの発信だけでなく、「電子決済総覧2015-2016」のような幅広い層を対象とした情報発信で、今後も決済業界と日本社会への貢献を拡大していきます。

(インフキュリオン シンクタンク部門 森岡剛)

Share Button

この記事の著者が所属する企業

決済・金融領域を中心として、自ら独創的なソリューションの開発・運営を行うことにより、多くの企業や一般消費者が革新的なサービスを享受することを目指している企業です。
詳しくはこちらからご覧ください。

決済ビジネスに関するご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい

事業戦略からカード商品設計、システム戦略、業務構築に至るまで、決済ビジネスに関するコンサルティングサービスをご提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。