インサイト

カード決済

ソフトバンクカードに見る携帯キャリアのプリペイドカード戦略

Share Button
Tupungato/Bigstock.com

Tupungato/Bigstock.com

 

大手携帯キャリア3社のうち、ドコモは「ドコモ口座」によるVisaプリペイド、KDDIはMasterCardプリペイドである「au Wallet」がありますが、遂にソフトバンクからVisaプリペイド「ソフトバンクカード」が2015年3月6日から提供開始となりました。今回は、「ソフトバンクカード」を軸に、携帯キャリアのプリペイドカードの戦略的特徴について考察します。

携帯キャリアは通信網と巨大な顧客基盤、そして通信料などを後払いで請求・回収する業務インフラを備えており、もともと後払い型の決済サービスと高い親和性を持っています。それを活かして、デジタルコンテンツの購入金額を通信料と合算して後払いできる「キャリア課金」と言われるサービスもあり、「ドコモケータイ払い」「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」といった名称で提供されてきました。

近年、ブランドプリペイドの発行が盛り上がりを見せていますが、携帯キャリアも例外ではありません。ドコモからは「ドコモ口座」でのVisaプリペイドがあり、KDDIは2014年からMasterCardプリペイドである「au Wallet」を発行開始していましたが、ソフトバンクからはVisaプリペイドである「ソフトバンクカード」が2015年3月から提供されます。

携帯キャリアによるブランドプリペイドの特徴のひとつは、「後払いに近いプリペイド」であることです。上記3社のブランドプリペイドはそれぞれ「キャリア課金」からのチャージを設定可能としており、スマートフォンなどでの操作で簡単にチャージ可能としています。さらに「au Wallet」では、バリュー残高が設定値を下回った際に自動でチャージを行うオートチャージも設定可能で、残高を意識しないで利用できるという点でクレジットカードに近い使い方ができるようになっています。

今回ソフトバンク・ペイメント・サービスが発行する「ソフトバンクカード」ではさらに進化したチャージ機能が提供されます。残高をゼロにしておいても、決済時に必要金額だけチャージして即時利用するという「おまかせチャージ」です。ここまでくると、もはやクレジットカードとほぼ同等の後払い機能と言えるでしょう。

さらに「ソフトバンクカード」はバリューの送金や金融機関口座への振込という、資金移動業に分類される機能も提供しており、ソフトバンク・ペイメント・サービスの資金移動業登録を活かした特徴的なサービスとしています。

与信審査不要のため従来のクレジットカード層以外にアプローチできる商品としてカード業界から期待の集まるブランドプリペイド。携帯キャリアは、携帯ユーザーがほぼ2年おきに訪れるショップという入会チャネルも持っており、クレジットカード会社よりも先に若年層にアプローチしてプリペイドカード入会を案内することができます。プリペイドカード利用でカード決済に慣れてもらい、さらには上述した後払い的サービスの利便性も体験してもらうことで、将来のクレジットカードへの乗り換えに繋げられると期待されます。このような顧客導線を持った携帯キャリアのカード事業が今後拡大していけば、従来型のカード会社にとって大きな脅威となってゆくかもしれません。

参考情報

(インフキュリオン シンクタンク部門 森岡剛)

Share Button

この記事の著者が所属する企業

決済・金融領域を中心として、自ら独創的なソリューションの開発・運営を行うことにより、多くの企業や一般消費者が革新的なサービスを享受することを目指している企業です。
詳しくはこちらからご覧ください。

決済ビジネスに関するご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい

事業戦略からカード商品設計、システム戦略、業務構築に至るまで、決済ビジネスに関するコンサルティングサービスをご提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。