インサイト

カード決済

グローバルでのカード決済の地域シェアとアジア太平洋地域の伸長

Share Button
argentum/Bigstock.com

argentum/Bigstock.com

 

 

今回は、世界の決済業界に関する重要な情報源であるニルソンレポート(Nilson Report)が報じた、グローバルでのカード決済の地域シェアと、アジア太平洋地域におけるカード決済の拡大の見通しについてご紹介します。

出所

ニルソンレポートによると2013年のカード決済の全世界の処理件数は1,870億件でした。これはVisa、MasterCard、American Express、Discover、JCB、Diners Club、銀聯、そしてカナダのInteracと米国のEDTを含む数値です。上記サイトでは地域ごとのシェアが図示されていますが、米国が43.7%、欧州が22.9%、アジア太平洋が19.5%です。米国の圧倒的シェアが印象的ですが、欧州に肩を並べるかたちでアジア太平洋がいまやカード決済の三番手。アジア太平洋でのカード決済の普及のスピードが見て取れます。(これは銀聯の影響が大きいと思われます。)

同レポートの決済件数の2013年実績と2023年予測を見てみましょう。米国は2013年は820億件、それが2023年には1,630億件と約2倍の成長が予想されています。アジア太平洋は2013年の370億件から2023年には1,530億件、約4倍の成長率を予想しており、特に件数ベースでは米国に迫る勢いであると見られています。

日本のカード業界においてもアジア進出は大きなトピックです。世界のカード決済の成長を牽引するアジア太平洋地域に、日本企業勢がどのように貢献してゆくのか、当社としても強い関心を持って活動している分野です。

Share Button

この記事の著者が所属する企業

決済・金融領域を中心として、自ら独創的なソリューションの開発・運営を行うことにより、多くの企業や一般消費者が革新的なサービスを享受することを目指している企業です。
詳しくはこちらからご覧ください。

決済ビジネスに関するご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい

事業戦略からカード商品設計、システム戦略、業務構築に至るまで、決済ビジネスに関するコンサルティングサービスをご提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。