インサイト

モバイル決済

米国にて存在感を増すApple Pay その普及に向けた課題

Share Button
bloomua/Bigstock.com

bloomua/Bigstock.com

 

2014年10月にサービス開始した「Apple Pay」。開始後数か月でその存在感は増しています。公表された数値でApple Payの好調な滑り出しを論じるとともに、その普及に向けた課題を考察しようと思います。2014年9月に発表されたときから全世界の決済関係者の注目を浴びてきたApple Pay、10月のサービス開始後は数日間で100万人以上のユーザーが登録したといわれます。11月中旬には、有機野菜など高級食材を扱う食品スーパーマーケットWhole Foodsが15万件以上のApple Payトランザクションを処理したと発表、マクドナルドは非接触決済の半数が「Apple Pay」になったと公表し、全米に展開するドラッグストアチェーンのWalgreensではモバイルウォレット決済件数が「Apple Pay」開始してから倍増したなど大手加盟店からの発表が相次ぎ、「Apple Pay」の好調な滑り出しを印象づけました。

Apple Payはクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなどのブランドカードを登録して使用するタイプのモバイルウォレットですが、登録可能なカードは提携イシュアのものに限られます。提携イシュアーはサービス発表時点は6社でしたがその後増え続け、2015年1月時点で既に40社近いイシュアーのカードが登録可能となっています。

Apple Pay利用可能箇所も増え続けており、オフィス用品のStaplesなど大手小売だけでなく、バスケや野球などのプロスポーツのアリーナなどでも利用可能となるなど、順調な広がりを見せています。

一見すると快進撃を続けているように見えるApple Payですが、その先行きを不安視する見方もあります。全米で店舗売上が年間最大になると言われる11月末のブラックフライデー、それに合わせて行ったInfoScout社の調査によると、「Apple Pay」対応端末であるiPhone6/6+ユーザーのうち、「Apple Pay」を利用可能な状態にしていたのは10%に届いていませんでした。

iPhone6/6+端末保有者がApple Payをまだ試していない第一の理由は「使い方がわからないから」、第二の理由は「従来の決済方法に満足しているから」だったとのことです。また、Apple Payを使うことができるのに使わなかった人へのInfoScout社の調査によると、その理由の第一は「この店で「Apple Pay」が使えることを知らなかった」、第二は「使うのを忘れた」でした。iPhone6/6+を早期に手に入れているアーリーアダプター層においてさえ低い水準に留まっているApple Pay利用率。iPhoneユーザーのマインドに浸透できていない状況が見て取れることから、今後もApple社やカード業界による継続的なプロモーションが必要と思われます。

そんな中、同じくInfoScout社の調査からはポジティブなデータも出ています。実際にApple Payを使ったことのあるユーザーに、Apple Payと磁気カード決済を比較してもらったところ、使いやすさや利便性など全ての観点において65%以上のユーザーが「Apple Payのほうが優れる」と回答しているのです。

「一度使えばその利便性がわかるものの、まだ使ったことのないユーザーが大半であるApple Pay」。まだ使用したことのないユーザーをいかに初回利用に誘導できるかが、今後の普及の課題と言えるでしょう。

参考情報

Share Button

この記事の著者が所属する企業

決済・金融領域を中心として、自ら独創的なソリューションの開発・運営を行うことにより、多くの企業や一般消費者が革新的なサービスを享受することを目指している企業です。
詳しくはこちらからご覧ください。

決済ビジネスに関するご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい

事業戦略からカード商品設計、システム戦略、業務構築に至るまで、決済ビジネスに関するコンサルティングサービスをご提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。