FinTech

インサイト

海外

海外フィンテックの新しい融資サービス:Karrot、Upstart、Vouch

Share Button
AndreyPopov/Bigstock.com

AndreyPopov/Bigstock.com

 

金融(finance)と技術(technology)の融合による金融サービスの革新を起こすスタートアップの総称であるフィンテック(fintech)。当社インフキュリオンも東京のフィンテック関係者の集いである「Fintech Meetup」のスポンサー企業であり、フィンテックによるよりよい社会の実現を目指して活動しています。

今回は英国の経済紙The Economistに掲載されたフィンテックによる個人向けローンの記事をベースに、海外フィンテック企業による新しい与信モデルと融資サービスについて紹介します。

関連インサイト

ITの普及によって豊富なデータが得られるようになった今日。従来は与信することができなかった顧客に対して、リスクを抑えながら与信することが可能になっています。

例えば、ECにおけるトランザクションレンディング。アマゾンの「Amazonレンディング」や、GMOイプシロンの「GMOイプシロントランザクションレンディング」なども、事業者の日々の状況を把握することができる立場にあるプレイヤーによる新たな融資サービスを言えます。

さて今回のThe Economist記事が紹介するのは、Kabbage、Upstart、そしてVouchの3社。それぞれが、従来の金融機関とは異なるデータに基づいて与信を行っています。

まずは米国アトランタを本拠とするKabbage。事業者ローンを組むことはできないが、個人ローンでの融資は受けることができるような、小規模事業者を対象とする融資を、その子会社Karrotにて展開しています。

従来型の融資に対するKarrotの特徴は、顧客の信用情報をあまり重視しないかわりに、顧客のキャッシュフローを監視するところ。これは上記のトランザクションレンディングの考え方と全く同じです。顧客は、自身の銀行口座やカード口座をKarrotが監視することに合意することが融資の条件で、3万ドルまでの融資を6%から26%の金利で受けることができます。収入が急に落ち込んだときにはKarrotからの確認が入ったり、逆に収入増があると与信枠の拡大の提案を受けることができるとのこと。Karrotは2015年には10億ドルの融資を行う見込みで、デフォルト率は5%程度とのことです。

米国パロアルトを拠点とするUpstartは、キャッシュフローではなく、顧客の学歴を重視するサービス。これは、学歴から将来の収入を予想しリスクを算出するという、日本以上の学歴社会である米国ならではの発想とも言えます。与信審査では、顧客の出身大学と学部、在学中の成績などを審査。高収入な職に繋がる理学・工学・数学の出身者は良いリスクスコアを与えられますが、安定した職に繋がる教育や看護なども高評価だとか。これは大学での専門がその後の職業選択やキャリアに大きく影響する米国だからこそ成り立つ方式と言えるでしょう。

本記事で紹介する3社目はサンフランシスコのVouch。2014年10月から、信用スコアの低い人向けに小額融資を行っています。もともと信用力の低い人に融資するためのポイントは、融資を受ける人の友人や親族に、融資額の一部を保証してもらうこと。ここでVouchは、その人の返済能力を踏まえて融資額を決めますが、金利はその人の友人・親族からの保証度合いに応じて決めています。

Vouchはまだ新しいサービスだけあって、現在までに実行した融資は数百件程度で、総額は200万ドル。今のところデフォルトした人はいないとのこと。マイクロクレジットのように、融資を受ける人の周囲を巻き込んだ融資を行うこのサービス、今後どのように成長するのでしょうか。

本ブログでは今後も、海外の面白いフィンテックサービスを紹介していきます。

参考情報

(インフキュリオン シンクタンク部門 森岡剛)

Share Button

この記事の著者が所属する企業

決済・金融領域を中心として、自ら独創的なソリューションの開発・運営を行うことにより、多くの企業や一般消費者が革新的なサービスを享受することを目指している企業です。
詳しくはこちらからご覧ください。

決済ビジネスに関するご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい

事業戦略からカード商品設計、システム戦略、業務構築に至るまで、決済ビジネスに関するコンサルティングサービスをご提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。