MST

インサイト

モバイル決済

モバイル決済動向:サムスンペイ開始日程とCurrentCの延期可能性

Share Button
Denys Prykhodov/Bigstock.com

Denys Prykhodov/Bigstock.com

 

2014年のApple Pay(アップルペイ)の登場で盛り上がりを見せている海外モバイル決済。サムスンのSamsung Pay(サムスンペイ)、グーグルのAndroid Pay(アンドロイドペイ)、そして米国小売企業団体MCXが放つCurrentCなど、2015年中には競合サービスも登場し、さらなる盛り上がりを見せる方向です。

これらの動向やその後ろにある新技術(トークナイゼーション、MST)についてはインフキュリオン・インサイトでも何度が取り上げています。今回はSamsung PayとCurrentCに関する最新の動向を紹介します。

まずはSamsung Pay。2014年10月のApple Pay開始から半年後の2015年3月に発表されたこのサービス、2015年中ごろに米国と韓国で開始とされていましたが、ようやくその開始時期が公表されました。韓国では8月20日、米国では9月28日です。

EMVCo型のトークナイゼーションや決済時の指紋認証、NFC(非接触EMV)決済などApple Payと同等機能を搭載したSamsung Pay。大きな差別化要因はMST(magnetic secure transmission)です。NFC対応端末が店舗側に必要なNFC決済と異なり、MSTでは、NFC非対応の既存磁気端末で非接触決済をしてしまう驚異の技術。これにより、サービス開始当初からほとんどのカード加盟店での利用が可能です。(Apple PayはNFC対応端末を備えた加盟店でのみ利用可能。)

また、1,200万人の稼働会員を誇る、米国のハウスクレジットカード大手のSynchrony Financialもサムスンと提携。SynchronyBank発行のハウスカードもSamsung Payに登録して利用可能という点も優位点の一つと言えるでしょう。

サービス開始当初から既存カード加盟店で使えるというSamsung Pay。Apple Payに対抗してゆくにあたっての大きなポイントですが、決済の現場で問題なく使えるのか、サービス開始後の市場の反応も注視します。

クレジットカード業界との協力関係をベースに展開するApple Pay・Samsung Pay・Android Payに対して、カード業界との対決のために開発が進められているCurrentC。約3年間の開発期間を経て、実店舗での試行を開始するとの報道が最近なされたばかりです。2015年中のローンチの計画でしたが、8月12日のRe/codeとのインタビューにおいて、MCXのブライアン・ムーニーCEOは、ローンチ時期が2016年にずれこむ可能性に言及しました。

そうでなくとも、開発中にハッキング攻撃で情報漏洩してしまったり、MCX加盟の大手小売企業から大量のカード情報が盗まれたり、MCX加盟企業のNFC型(カード業界型)モバイル決済サービスへの乗り換えなど、悲観材料の多いCurrentC。ここへきてのローンチ延期の可能性で、ますます勢いがそがれる感は否めません。

カードインフラを経由しない独自決済として成功する使命を背負ったCurrentC。その動向は今後も随時紹介していきます。

関連インサイト

参考情報

(インフキュリオン シンクタンク部門 森岡剛)

Share Button

この記事の著者が所属する企業

決済・金融領域を中心として、自ら独創的なソリューションの開発・運営を行うことにより、多くの企業や一般消費者が革新的なサービスを享受することを目指している企業です。
詳しくはこちらからご覧ください。

決済ビジネスに関するご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい

事業戦略からカード商品設計、システム戦略、業務構築に至るまで、決済ビジネスに関するコンサルティングサービスをご提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。