FinTech

インサイト

海外

スマホ時代の「カードレスATM」

Share Button
vverve/Bigstock.com

vverve/Bigstock.com

 

常に持ち歩くスマホをカード代わりに使って決済する便利なモバイル決済サービスは既に幾つかありますが、これはどちらかというと非現金決済に抵抗のない「キャッシュレス派」の人向けサービスとも言えます。

まだまだ日本は現金重視の「キャッシュ派」がマジョリティ。ATMからの現金引出のためにはどうしてもキャッシュカードを持ち歩かなければなりません。

そんな「キャッシュ派」の人も、スマホさえあればATMから現金を引き出せると言いと思いませんか?本稿ではキャッシュカードの代わりにスマホを用いる、「スマホ時代のATM」の事例を紹介します。

米国・シカゴ市に拠点を置くWintrust Financial(以下Wintrust)は、15社の銀行を傘下に持つホールディング会社で、資産総額は200億ドル。2013年の夏から、カードの代わりにスマホを用いて現金を引き出せる「カードレスATM」のテストを続けてきましたが、2015年初頭から実運用を開始しました。2月までに傘下銀行の合計190台のATMをカードレスATM化しています。

このカードレスATMの使い方ステップは以下のとおりです。

  1. ユーザーは事前に、スマホアプリ上で、金額を指定して現金引出を予約する。
  2. ユーザーはATMにて、4桁の認証コードでアプリにサインインする。
  3. ユーザーは、スマホアプリ上で「カードレス」を指定する。スマホアプリはカメラ機能を起動する。
  4. ユーザーは、ATMの「カードレス」ボタンをタッチする。ATMはQRコードを表示する。
  5. ユーザーは、スマホアプリのカメラ機能でATMのQRコードを読み取る。
  6. ATMから現金が出てくる。
  7. スマホが、現金引出の通知を受信する。

ここで、ユーザーがATMに触れる必要があるのはステップ4だけです。Wintrustによると、通常は約40秒かかっている現金引出が、カードレスだと約10秒で終えることができるそうです。

百聞は一見にしかず。Wintrustが提供する動画(https://youtu.be/UtmW1l4QVhs)を見るとユーザーエクスペリエンスがイメージしやすいと思います。

Wintrustの顧客ベースは年配者が多く、スマホによるカードレス取引との親和性は高くありません。実はWintrustは、既存顧客の子の世代をターゲットとして考えているとのこと。効率的でスマートなカードレスATM取引で、若年層に訴求しようとしているのです。

Wintrustのカードレス取引をさらに進めたのが、ウクライナ最大の民間銀行であるPrivatBankが開発したトップレスATM(Topless ATM)。これはスマホ操作が前提のため、通常のATMの上部に装備されているディスプレイやタッチスクリーンすらないATM。上部が無いためトップレス、というわけです。

紹介動画はこちらです:https://youtu.be/8zU3k9U42KE

このトップレスATMは世界最初の「非接触Android ATM」とも呼ばれており、米国サンノゼで開催されたFinovate Spring 2014のデモ大会で、多くの聴衆の支持を集めたトップ8の1つに選ばれています。

まだ登場したばかりのカードレスATM。日本での実現もありえるのでしょうか。今後の動きを注視します。

関連情報

(インフキュリオン シンクタンク部門 森岡剛)

Share Button

この記事の著者が所属する企業

決済・金融領域を中心として、自ら独創的なソリューションの開発・運営を行うことにより、多くの企業や一般消費者が革新的なサービスを享受することを目指している企業です。
詳しくはこちらからご覧ください。

決済ビジネスに関するご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい

事業戦略からカード商品設計、システム戦略、業務構築に至るまで、決済ビジネスに関するコンサルティングサービスをご提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。