インサイト

カード決済

キャッシュレス社会

ECでの高額消費の広がり

Share Button

nicotombo/Bigstock.com

2014年10月22日、日経新聞朝刊と、同日付の日経MJ誌にて、同社による「第3回ネットライフ1万人調査」の結果が紹介されました。今回の調査結果から分かったことは

  • インターネットを使った高額消費が広がっている。最近1年間にネットで1回に10万円以上支出した経験のある人は24.5%、スーパーなど小売りの売上高は不振が続いているが、ネット消費は底堅い。
  • 一方、「よく使うECサイトは」というとアマゾンと楽天が圧倒的。IT・家電製品、食料品・飲料、ファッションの各分野においてアマゾンと楽天がトップ2。

上記2点を繋げると、ECにおける決済手段としてのカードの重要性は今後も高まってゆくことが予想されます。また、カード業界で何かと注目を集める楽天カードの強さはECサイトとしての楽天の強さを背景としていることも見て取れます。

Share Button

この記事の著者が所属する企業

決済・金融領域を中心として、自ら独創的なソリューションの開発・運営を行うことにより、多くの企業や一般消費者が革新的なサービスを享受することを目指している企業です。
詳しくはこちらからご覧ください。

決済ビジネスに関するご相談があればお気軽にお問い合わせ下さい

事業戦略からカード商品設計、システム戦略、業務構築に至るまで、決済ビジネスに関するコンサルティングサービスをご提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。